読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

El Diario de "Forma Latina"

アクセサリー作りをしながら現在はチリのサンティアゴでマッサージの仕事をする海外旅暮らし日記

肉情報 物価が高い地でのお得な臓物 @エルカラファテ

パタゴニア 情報

6月4日現在 ブエノスアイレス@アルゼンチン

 

 

 

3月21日@エルカラファテ

 

パタゴニアはほんまにほんまに物価が高いです!!

 

お肉も食べたいけど高い!!!
なので、節約して食べたいものが食べられない現実。。。

 

 


そこで、臓物好きの方に朗報です!!

 

f:id:formalatina:20160603014403j:plain

MENUDOS DE POLLO (直訳するとそのまま”鳥の臓物”)

 

カラファテのスーパー ”LA ANONIMA”で臓物セットが小サイズ6〜大サイズ12ペソくらいで売っていて、一人分だと小サイズで十分お腹いっぱい食べれます。

 

ちなみに、ブエノスでは安い牛肉で1kgあたり100ペソくらい、カラファテでは1kg あたり130ペソ くらいしますので、MENUDOS DE POLLO の 1kgあたり13ペソがどんなに破格か、または現地の人にどんだけ人気がないのかがわかります。

 

気になるセットの中身は・・・


レバー! 
砂ズリ!
皮!
そして、ハツ!!(当たりがあれば1パックに1個入っています)

 

以前、メキシコのサンクリに滞在していた頃にはコラソン(ハツ)ハンターと呼ばれていた時期もあった私としてはコラソンが全く入っていないのが残念です。

 

 

焼いてネギと一緒に炒めて塩胡椒するだけで、そしてビールさえあればその日の夕食は日本の居酒屋にいるような気分を味わえちゃいますよ!!!!

 


しかも栄養も満点!!

臓物万歳!!ゾウモツ バンザイ!!ゾウモツ マンセー!!

 

何気に「ゾウモツ」という言葉がお気に入りになってしまったw

 

 

こちらの人は内臓系をあまり食べないらしく、友達になったアルゼンチン人のPIRUに生レバー大好き!と話すと「オェェ〜」みたいな顔をされましたw

 

 

あと、ブエノスにいた時に日本人アルテサノのノブさん家でBBQしたときにリニョンという腎臓を食べたんだけど、それもめちゃくちゃ美味しくて最高でした!!が現地人はあまり好みません。

 

その後日スーパーで40ペソが5ペソに割引されていたリニョンを購入して食べたけど、それは硬くてまずかった。なんで!?

 

 

カラファテではみんなで臓物パーティーをしましょう!!

 

 

 

 

旅行ブログランキングに参加しています。
バナーをクリックしていただくと順位があがります。
コラソンハンターが気になった方もポチッとバナーをクリック!
にほんブログ村 旅行ブログ 旅暮らしへ

にほんブログ村

 
 
 
 
f:id:formalatina:20160321002908p:plain